マジックピンボール

OYCグループの品質方針とものづくりへのこだわり

OYCのグループの品質方針

品質と安全は全てに優先する

食品安全方針

消費者・社会が望む、常に安全で安心な食品を提供するために、次の事項を遵守します。

  1. 私たちは、フードチェーンの一員として、オリエンタル酵母工業グループの品質方針「品質と安全はすべてに優先する」を食品製造の責務とし、自覚します。
  2. 私たちはISO22000に基づいて構築した食品安全マネジメントシステム(FSMS)を高いレベルで維持し、FSMSの有効性を的確に検証し評価するとともに、製造工程、製・商品の品質について、継続的にその時点での最良の改善を行います。
  3. 私たちは「出荷基準を満たさない製・商品は出荷しない」という品質保証の基本方針に則り、構築された消費者視点での品質保証体制を維持するとともに、外的・内的な状況の変化に適正に対応できる体制になるよう、組織を含め品質保証体制の強化を進めます。
  4. 私たちは、食品安全に関する国、地方自治体、業界団体の法令・規制要求事項を遵守し、相互に合意したお客様の食品安全要求事項に適合します。
  5. 私たちは、社内外のコミュニケーションを円滑に行い、食品安全に関する情報を社内はもとより、お客様や取引先に迅速かつ適切に伝えます。
  6. 私たちは、食品安全方針をすべての従業員に周知させるとともに、食品安全目標を設定し、自分の大切な家族が、安心して食べられる製品を製造することを約束します。
  7. 私たちは、より安全・安心な食品を提供するために、なお一層の自己研鑽と人格の向上に努めます。

ものづくりへのこだわり

原材料調達段階

採用前に安全性(法令適合性、異物対策、残留農薬、食物アレルギー等)を厳しくレビューした上で調達を開始します。採用後も年間計画に沿って安全性が保たれていることを確認しています。

製品設計段階

新製品として企画されたものは独自のセイフティレビューという審査にかけられます。専門部門が消費者視点で安全性を総合的に分析・評価し、製品化の判断を行います。

製造段階

安全・安心な製品をお届けするために異物混入防止、セキュリティー、トレーサビリティなどさまざまな取り組みを実施しています。

販売段階

製品の温度管理に重点をおき、工場・倉庫・配送での温度管理を行っております。